高反発ドライバーランキング|一番飛ぶドライバーはコレだ!

*

シニアでも飛距離を伸ばすためのスイング

   

fa0fb5e9fe12093e893a00ede6f90b48_s

年齢が進むと、筋力の衰えや柔軟性の低下によってドライバーの飛距離が低下していきます。

しかし中には80歳を過ぎても300ヤードを飛ばすような素晴らしいシニアプレイヤーがいるのも事実です。一体どのような点に注意してスイングをすればシニアでも飛距離が伸びるのでしょうか?ここでは飛距離を伸ばす為の4つのポイントをご紹介します。

フォローは低めに出す

飛距離を出すためにボールを高く上げて飛ばそうとしがちですが、本当に飛距離が出るのは低い打ち出しでランを稼げる弾道です。そのためにはロフトを立てながらインパクトして、フォローを低めに出すことが重要です。

レールをイメージしてミート率アップ!

スイング時にはヘッドと手首が通る位置に2本のレールがあるイメージを持って、そこをまっすぐレールに沿って滑らすようにスイングすることを心がけます。どんなに早くスイングしても芯に当たらなければ意味がありません。レールに沿ってスイングを意識することでミート率アップにつながります。

スイング時には頭を動かさず軸をキープ!

スイング時には頭を動かさずに軸をキープする必要があります。バックスイング時に頭が右に動く人がいますが、これはいけません。バックスイングからフォローまで頭は動かさず体の軸上に置くことが基本です。

グリップは力が入る形を!

レッスンの常識ではグリップは軽く握ると言われていますが、インパクトの瞬間にグリップが軽過ぎると当たり負けしてしまいます。インパクト前後では強く握る必要があります。

そのため筋力が落ちているシニアの方は自宅で握力トレーニングをすることが効果的です。また握り方は、左手の親指をまっすぐクラブのグリップ上に乗せると力が入りやすいため、距離を伸ばしやすくなります。

 

短期間でスコア100切りを達成させるならライザップGOLF

スコアアップのためにはゴルフクラブ選びも大切ですが、せっかく良い道具を持ってもプレイヤーの技術がないと宝の持ち腐れです。

特にスコア100切りを目指すなら、安定したスイングやアプローチ技術がないと不可能でしょう。

管理人も自分のスイングを見直すため、話題のライザップゴルフでレッスンを受けました。

その結果、なんと2ヶ月で100切りに成功!

ライザップゴルフでレッスンを受けて感じた事

打ちっぱなしなどのゴルフ練習場では、ゴルフレッスンを受講できるところが多数あります。

もちろん、これまで管理人もいろんなゴルフレッスンを受けてきました。

練習場での簡易レッスンや、高額なプライベートレッスンなどなど。

確かに少しはスコアは良くなりましたが、いつまでたってもスコア100を切ることは出来ませんでした。

しかし、ライザップ ゴルフはこれまでのレッスンとは全く違いました。

スイングを科学的に分析して、問題点だけを合理的に矯正していきます。

スコア100切りに必要無いような、無駄なレッスンは一切ありません。

また、レッスンの目的意識と緊張感が凄い。まさに専属コーチとの共同作業といった感じで、甘えは許されません。

2ヶ月で100を切るのか?切らないのか?やる気あるのか!?

自分との戦いのなかで、短期間で劇的にスコアを改善していきます。

スコア100切りにイチバン効果があったのが、このモチベーションの高まり具合ですね。結局スコアを上げるのはコーチじゃなくて自分なんですから。

こんな人はライザップGOLFに向いている

2ヶ月で絶対にスコア100を切りたい人

スコアのためなら、お金と努力を惜しまない人

これに当てはまるような人は、ライザップゴルフにぴったりです。短期間でぐんぐんスコアを改善させるでしょう。

逆にこんな人にはライザップGOLFはお薦めしない

半年〜1年かけて、スコア100切りを目指すのんびり屋さん

レッスン料が勿体ないと思うような、時間の価値を理解してない人

こういう人にはライザップは向いてないでしょうね。

とにかく短期間に集中してレッスンする事で、密度がグンと上がるわけですから、そこを理解できる人しかおすすめできません。

こういった方は、通常の方法でゆっくりとスコアを上げていけばいいと思います。100を切れる保証はありませんけど。

 - 飛距離アップ法