高反発ドライバーランキング|一番飛ぶドライバーはコレだ!

*

飛距離対決!テーラーメイドM2 VS グローブライトGⅢ

      2016/12/06

hikyori-top

ドライバーの醍醐味と言えば、やはり圧倒的な飛距離が出せることです。各メーカーとも飛ぶドライバーを作るために日夜研究を重ね、より飛距離を出す事の出来るモデルが続々と発売されています。

ドライバーの最新トレンドは「低重心化」やシャフトの「長尺化」など様々ありますが、最も効果が高いのはフェイス部の反発係数を上げる「高反発化」です。

しかし反発係数の高いドライバーはあまりにも飛びすぎるため、現在ではルールで規制されています。そのため公式の大会では用いる事ができません。

そんな高反発ドライバー、いわゆる「バカ飛びドライバー」と、規制内で作られた最新のドライバーは一体どちらが飛ぶのでしょうか?

今回は”とにかく飛ぶ!”と雑誌などのメディアでも話題となった「グローブライトGⅢ」と超有名メーカーの飛距離重視のドライバーを使って飛距離対決を行いました。

テーラーメイドM2 VS グローブライトGⅢ

テーラーメイドのM2は初心者や経験の浅いゴルファーでもオートマチックに高弾道・低スピンのボールが打てる人気機種の最新モデル。

今回はほとんどセミプロの腕前で平均スコア70台のDAI氏に飛距離対決を手伝ってもらいました。

オレ
おはようございます!DAIさん、わざわざ来ていただいてありがとうございます。ところでDAIさん、仲間内では「コンペ荒らし」って呼ばれてるそうですね

DAI氏
そうですね、この間行われた参加者100人ほどのコンペでもベストグロス賞を貰いました。伊勢丹の商品券5万円分でしたけど

軽い自慢話にイラッときましたが、せっかく協力してもらうのでここはぐっと我慢します。

ドライバーのスペック比較

名称

グローブライトGⅢ

テーラーメイドM2

商品写真 G3
ヘッド体積 460cc 460cc
ロフト角 10.0,11.5 9.5,10.5,12
長さ 46インチ 45.75インチ
重量 281グラム 297グラム

M2はクラウンに比重の軽いカーボンを使った軽量のドライバー。しかしグローブライトよりかは若干軽めです。低重心設計でミスヒットに強く、オフセンターでヒットしても高弾道・低スピンのボールが打てます。

飛距離も出ますが、構えやすさや打ちやすさもなかなかのもの。打った感触はちょっと柔らかめです。推奨HSも38〜46と幅広く、プレイヤーを選びません。

対してグローブライトGⅢは低重心のヘッドになっており、M2よりもさらにミスショットに強い。

しかもその反発係数はなんと0.875!圧倒的なボール初速がロースピンの力強い弾道を生み出します。

ドライバー飛距離対決!結果発表

2本のドライバーを使用した感想をDAI氏に聞いてみました。テーラーメイドM2は非常にバランスの取れたドライバーですが、どれだけコンスタントに飛ばせるかとなると、やはり圧倒的な初速と、ミスへの対応力でGⅢに軍配が上がりました。

chartg3

M2

m2_kekka2

飛距離対決の結果はグローブライトGⅢの圧勝。やはり基準オーバーの反発係数を持つドライバーは反則的な飛距離です。

オレ
DAIさん、今回のドライバー対決はいかがでしたか?

DAI氏
M2はミスヒットに強くてボールも上がりやすくバランスの取れたクラブですね。力強い球筋です。でも、GⅢの初速にはビックリしました。とにかく飛距離が必要なら間違いなくGⅢでしょう。軽めに振っても重い球が打てるので、ヘッドスピードが低めのシニアの方には特に合うでしょうね。

今回の対決に使用したドライバーはこの2本

グローブライト GⅢ

G3

反発係数0.875が、最高レベルの高初速を生み出す

高強度かつトランポリン効果の高いニューハイパーチタンフェースを採用。打点ぶれにも強く、最適な重心設計が力強い弾道で大きなキャリーとランを稼ぐことが可能。

▶︎▶︎グローブライドGIII ドライバーの詳細を見てみる

テーラーメード M2

m22

 

高弾道・低スピンで飛距離を出しつつ、スイートエリアも広い

独自のグラファイト・コンポジット・クラウンが高弾道を実現する。さらにウルトラ・ロー・シージー設計により広いスイートエリアも実現。

▶︎▶︎テーラーメードM2 公式サイト

※計測結果は我々が独自に行ったものです。コンディションやプレイヤーによって結果は異なるため、飛距離を保証するものではありません。

 

短期間でスコア100切りを達成させるならライザップGOLF

スコアアップのためにはゴルフクラブ選びも大切ですが、せっかく良い道具を持ってもプレイヤーの技術がないと宝の持ち腐れです。

特にスコア100切りを目指すなら、安定したスイングやアプローチ技術がないと不可能でしょう。

管理人も自分のスイングを見直すため、話題のライザップゴルフでレッスンを受けました。

その結果、なんと2ヶ月で100切りに成功!

ライザップゴルフでレッスンを受けて感じた事

打ちっぱなしなどのゴルフ練習場では、ゴルフレッスンを受講できるところが多数あります。

もちろん、これまで管理人もいろんなゴルフレッスンを受けてきました。

練習場での簡易レッスンや、高額なプライベートレッスンなどなど。

確かに少しはスコアは良くなりましたが、いつまでたってもスコア100を切ることは出来ませんでした。

しかし、ライザップ ゴルフはこれまでのレッスンとは全く違いました。

スイングを科学的に分析して、問題点だけを合理的に矯正していきます。

スコア100切りに必要無いような、無駄なレッスンは一切ありません。

また、レッスンの目的意識と緊張感が凄い。まさに専属コーチとの共同作業といった感じで、甘えは許されません。

2ヶ月で100を切るのか?切らないのか?やる気あるのか!?

自分との戦いのなかで、短期間で劇的にスコアを改善していきます。

スコア100切りにイチバン効果があったのが、このモチベーションの高まり具合ですね。結局スコアを上げるのはコーチじゃなくて自分なんですから。

こんな人はライザップGOLFに向いている

2ヶ月で絶対にスコア100を切りたい人

スコアのためなら、お金と努力を惜しまない人

これに当てはまるような人は、ライザップゴルフにぴったりです。短期間でぐんぐんスコアを改善させるでしょう。

逆にこんな人にはライザップGOLFはお薦めしない

半年〜1年かけて、スコア100切りを目指すのんびり屋さん

レッスン料が勿体ないと思うような、時間の価値を理解してない人

こういう人にはライザップは向いてないでしょうね。

とにかく短期間に集中してレッスンする事で、密度がグンと上がるわけですから、そこを理解できる人しかおすすめできません。

こういった方は、通常の方法でゆっくりとスコアを上げていけばいいと思います。100を切れる保証はありませんけど。

 - ドライバー飛距離勝負