高反発ゴルフドライバーランキング!一番飛ぶクラブはコイツだ!

*

飛距離対決!ゼクシオ ナイン VS プロテック スーパーマンHyperHR

      2016/12/06

hikyori-top

高反発ドライバー最新モデルと、超有名メーカーの飛距離重視のドライバーを使っての飛距離対決第2弾!

今回の対決は「とりあえずドライバーならゼクシオを使っとけば間違いない」とまでいわれるダンロップの人気ドライバー、ゼクシオシリーズの最新モデルのゼクシオナイン対プロテックのスーパーマンHyperHRです。

ダンロップ ゼクシオ ナイン VS プロテック スーパーマンHyperHR

ダンロップのゼクシオナインは気持ちいい打感とボールの弾きが特徴です。やさしく振っても高弾道の球が打て、飛距離を出す事ができます。

今回の対決でも、前回同様セミプロのDAI氏に飛距離対決を手伝ってもらいました。

オレ
DAIさん、前回に引き続き飛距離対決の第2弾ですが、よろしくお願いします。今日はダンロップのゼクシオ9を試していただきます

DAI氏
ゼクシオですか。鉄板中の鉄板ですね。ゼクシオはクラブの性能もさることながら、ポスターとか広告がカッコいいんですよね。いかにも飛ばせそうな気がしてきますから。

確かに。有名ゴルファーを起用した宣伝で、多くのファンがいる事は間違いありません。じゃあ実際の実力はそれほどでもないのか??

ドライバーのスペック比較

名称

スーパーマンHyperHR

ゼクシオ ナイン

商品写真 protecHR
ヘッド体積 460cc 460cc
ロフト角 9.0,10.0 9.5,10.5,11.5
長さ 45.5インチ 45.5インチ
重量 298グラム 272グラム

ゼクシオシリーズは気持ちのいい打感と弾きの良さが持ち味ですが、最新のゼクシオ9もその特徴は健在です。ヘッドとシャフトのバランスがよく安定しているので、球のつかまりがよくて高弾道の球が打てます。

重さも272グラムと軽く、長さも短いので体の小さい人でも取り回しやすいドライバーです。

対するスーパーマンHyperHRは、高反発ドライバー界で最高値ともいえる反発係数0.885以上を達成しています。

またスイートスポットエリアも従来品より20%拡大していて、つかまりが良いのが特徴です。

ドライバー飛距離対決!結果発表

DAI氏に2本のドライバーを打ってみた打感をチャートにしてみました。やはり圧倒的な初速がスーパーマンHyperHRの持ち味のようです。

chartsuperman

xxio9

 

xxio9_kekka2

飛距離対決の結果は、高反発ドライバースーパーマンHyperHRの圧勝。ゼクシオといえども、高反発ドライバーのなかでも最大級の反発係数を持つスーパーマンにはかないませんでした。

オレ
DAIさん、今回のドライバー対決は高反発ドライバーVSゼクシオでしたが、感想はどうですか?

DAI氏
ゼクシオナインは打った感触がとにかく気持ちいいですね。とても打ちやすく、扱いやすいドライバーです。ただし、若干ドロー気味の弾道が気になります。軽くて短いので扱いやすいのですが、ちょっと僕には物足りないというか、レディースクラブを使ってる感覚でした。

DAI氏
それに対してスーパーマンは力強い打感と高初速がいいですね。軽めのスイングで球もめちゃくちゃ飛びますし。ただし、スーパーマンはフェース部が極限まで薄くなっているので42m/s以上のヘッドスピードで打たないように気をつける必要があります。

今回の飛距離対決も高反発ドライバーが勝利。人気モデルの最新ドライバーといえども、高反発ドライバーには飛距離では敵わないようです。

今回の対決に使用したドライバーはこの2本

高反発ドライバー スーパーマンHyperHR

protecHR

優しく飛ばせるフックフェースがシニアゴルファー向けのクラブ

スピンの少ないライナー系の弾道で大幅にラインが出る。フックフェースのおかげで球のつかまりがよく、高弾道のボールが打てるシニア向けのクラブに仕上がっている。

▶︎▶︎スーパーマン Hyper HRの詳細を見てみる

ダンロップ ゼクシオナイン

xxio9

 

プロの評価も高い、優しく飛ばせるドライバー

ゼクシオの新作「ナイン」では、ヘッドの重量を上げるとともに軽くて手元が柔らかいシャフトを採用している。自然なタメで飛距離がアップする。

▶︎▶︎ダンロップ ゼクシオナイン公式

※計測結果は我々が独自に行ったものです。コンディションやプレイヤーによって結果は異なるため、飛距離を保証するものではありません。

 - ドライバー飛距離勝負