高反発ゴルフドライバーランキング!一番飛ぶクラブはコイツだ!

*

飛距離対決!ブリヂストンJGR VS スーパーegg

      2016/12/06

hikyori-top

ドライバー飛距離対決第3弾!

ルール外の反発係数を持つ「高反発ドライバー」は本当に飛ぶのか?最新のルール内ドライバーと飛距離対決をしたらどちらが勝つのか??

そんな疑問に答えを出すべく、今回は高反発ドライバーのプロギア スーパーエッグと有名メーカーの飛距離重視ドライバーブリヂストンJGRを使って飛距離対決を行いました。

ブリヂストンJGR VS プロギアSUPER egg

日本人ゴルファーにはおなじみのブリヂストン製ドライバーJGR。ブリヂストンと言えば往年の名器ツアーステージが有名ですが、JGRもそのツアーステージで培ってきたドライバーのノウハウがふんだんに盛り込まれた最新ドライバーです。

今回も「コンペ荒らし」の異名を取るセミプロのDAI氏に飛距離対決を手伝って頂き、両ドライバーの飛距離・使用感などを見ていきます。

オレ
おはようございます!DAIさん、今回は3回目のドライバー対決となりますが、ブリヂストンのクラブは使った事はありますか?
DAI氏
もちろんです。 JGRはとにかく使いやすいクラブですね。つかまりの良さと操作性の高さがウリで、ショートアイアンを打っているような感覚でイメージ通りにボールをコントロールできます。1発の飛距離よりも、球筋や弾道を操作しながら安定して飛距離を稼ぐタイプのクラブです。
オレ
プロギアのスーパーエッグについてはどうでしょう?
DAI氏
スーパーエッグはとにかく良いドライバーです。0.85以上の高反発だけじゃなく、全体的にバランスが取れていて誰でも飛ばせるクラブに仕上がっています。これはJGRには厳しい戦いでしょうね。

ドライバーのスペック比較

名称

SUPER egg

JGR

商品写真 prgr15-eggdrla5 jgr_driver2
ヘッド体積 460cc 460cc
ロフト角 9.5,10.5,11.5 9.5,10.5,12
長さ 46.75インチ 45.5インチ
重量 282グラム 298グラム

JGRはつかまりの良さが特徴です。多少センターからズレたショットでも、フェースの弾きがよくて、高弾道の球がポンポンでます。クセのないヘッドなのでお気に入りのシャフトに交換すれば、より自分好みのドライバーに仕上がりそうです。

対してスーパーエッグの長所は高反発のDAT55Gチタン。ボールの初速を大幅にアップさせて低いヘッドスピードでも高弾道の球が楽に打てます。また、軽い仕上がりのヘッドが抜群の振り抜きの良さを生み出します。

ドライバー飛距離対決!結果発表

2本のドライバーを使用した感想をDAI氏に聞いてみました。ブリヂストンJGRは非常にバランスの取れたドライバーですが、どれだけコンスタントに飛ばせるかとなると、やはり高反発ドライバーのスーパーエッグに軍配が上がります。

eggchart

 

JGR

jgr_kekka2

飛距離対決の結果は、SUPER eggの勝利となりました。

オレ
DAIさん、今回のドライバー対決はいかがでしたか?

DAI氏
JGRはとてもバランスが良いドライバーですね。テクニカルなコースで球筋をうまくコントロールしながらスコアメイクするのに向いています。ただし1発の破壊力に欠けるというか、JGRを使うならスプーンでも良いのでは?という気にさせられます。その点、スーパーエッグはコンスタントに飛びますね。飛距離がでなくなったシニアゴルファーだけじゃなく、女性など万人が使いやすいぶっ飛びドライバーですね。

今回の対決に使用したドライバーはこの2本

プロギア SUPER egg

prgr15-eggdrla5

高強度のβチタンが劇的なフェースの薄肉化を実現

反発係数0.85という高い数値に加え、高反発のエリアが通常のドライバーと比べて1.2倍になっているため、フェースの当たりによる飛距離の変化を抑えてくれる。

▶︎▶︎プロギア SUPER eggの詳細を見てみる

ブリヂストン JGR

jgr_driver2

フェース側のクラウンがたわみ、ボールの初速を高める

ヘッド内外の溝(パワースリット)と硬いリブとの相乗効果でクラウンがたわみ、ボール初速を高める。フェース面に独自のパワーミーリングが施されており、スピン量を最適に保つ。

▶︎▶︎ブリヂストンJGR 公式サイト

 

※計測結果は我々が独自に行ったものです。コンディションやプレイヤーによって結果は異なるため、飛距離を保証するものではありません。

 - ドライバー飛距離勝負